ELEAGUE GroupB Final G2 vs NiP (train) 感じ

1Map目線を無くし後々がないG2。反撃につなげたい店だったが、ピストルラウンドをなくし出鼻をくじかれるデザインと陥る。
4ラウンド目線を取り巻き返したいところではあったが、NiPお隣が多用するBへの攻めを防ぐことが出来ない。
わかっていても止められない負荷はG2を焦らせ、どんどんと消耗して行くG2。
反撃の鍵をつかむことすらできずに、当初を3-12で終えた。
絶対に下ピストルラウンドを落とせないG2だがNiPに阻まれ、フォースバイを強制される進出に。
こうなっては今や打てる手段はなく、NiPは下1ラウンドも減らすことなく16-3で勝利した。

こういう絵図に関して言えば、NiPの対策飛躍と言えるお喋りで、G2お隣はまともに迎え撃つ事すら出来なかった感覚が強い。
裏を取り去りにこようとすればxizt、GTRに阻まれ、真正面からではf0rest、fribergに落っこちる。
タイミングも桁外れにずらされ発注もNiPお隣が完全に有利な状況が続いていた。
狙ってかどうかは思い付かが、RpK、ScreaMのストロングポイントを潰されたG2。
飛躍残りの芽はまったく残っているが大きな面倒を突きつけられた。http://xn--n8j1d1ddgf2967ciod77c253a6ra7242a.xyz/